2014年8月17日の夕飯

IMG_9883.JPG

久しぶりの投稿。どうも私がアクセスしない間にwordpressくんは狙われていたらしく、決まったところからしかアクセスできないようになっていたよ。

加熱すると美味しいシシリアンルージュは厚切りの豚ロース肉でくるんでグリルに、北海道の男爵はビシソワーズに、ゴーヤは赤玉ねぎ湘南レッドと一緒にかにマヨ和えに。

手前は最近誕生日にもらった小石原の翁明窯の皿。秋に窯元に行けるのが楽しみ。右は先日訪れた瀬戸の本業窯のもの。買うつもりなかっただけど、B級品だったので衝動買い。奥の黒い腕は私が小さい頃からあるけどどこの焼き物なんだろう。この大きいので父がよく札幌一番塩ラーメンを食べていたなー。

【バスクへの二度目の旅その2】サン・セバスティアンのバル巡りその2「GANBARA(ガンバラ)」

サン・セバスティアン(San Sebastián)の100軒以上あるバルからおすすめのバルを紹介するその2は「GANBARA(ガンバラ)」。

2度の訪問で3回行ったお気に入りの店です。ここも私の中のベスト3バルかな。

2013-07-09 21.33.28

ここの名物はなんと言ってもチャングローと呼ばれる毛蟹のタルト。5センチくらいの小さいサイズです。注文するとその場でオーブンで焼いてくれます。タルトはほっこりと、チャングローは香ばしく一口でほおばるのがとっても幸せ。チャコリがグググッと開いてしまいます。

2013-07-10 19.49.23

奥のカウンターに山積みされたきのこ類は、注文してからソテーにしてくれます。きのこは1種類でもmixでもOK。これはいろいろな種類をmixにしてもらいました。肉厚のボルチーニのようなものや黄色っぽい食感がおもしろいものなど。黄身をポトリと落としてくれるのが興奮します。絡めて、絡めて〜。

2013-07-09 21.45.30

赤ピーマンのマリネ。マリネといってもオリーブオイルと塩だけなのかなぁ。すごくシンプルな味なんだけれど、飽きが来なくて見習いたい。こうやって一皿盛られてきます。

2013-07-10 19.50.40

イワシのマリネ。こちらもとてもシンプル。酢が効きすぎず、絶妙。赤ピーマンもそうだけれどこういうシンプルな料理がおいしいのです。

2013-07-09 21.38.30

前回訪問時のGANBARAの記事はこちら。
【バスクへの旅その4】サン・セバスティアンのバル「GANBARA」と「LA CEPA」9点


より大きな地図で サン・セバスティアンのバルとお店マップ を表示

【バスクへの二度目の旅その2】サン・セバスティアンのバル巡りその1「GOIZ ARGI(ゴイスアルギ)」

サン・セバスティアン(San Sebastián)の100軒以上あるバルからおすすめのバルを紹介します。

まずはその1 「GOIZ ARGI(ゴイスアルギ)」。2度の訪問で6回行ったお気に入りのバルです。私の中のベスト3です。夜は店の外までごった返しますが、昼間は比較的すいていて、ベビーカーを引いたお母さんもくるほどです。

2013-07-08 19.26.04

2年前に訪問したときにもいたご機嫌なお店の人。チャコリの注ぎ方がかっこいい~。冷えてきりりとしたチャコリをワイングラスではなく、薄いゴテガでカブカブ飲むのが良いよね。1.5ユーロ。
2013-07-09 13.34.42

この店に来たらコレを必ず食べるべし。ガンバと呼んでいるみたい。生のモノをその場で鉄板で焼いて、このソースをかけてくれます。ソースの決め手はにんじんらしい。タマネギ、赤ピーマン、にんじん、ニンニクのみじん切りのちょっと酸っぱいソース。プリプリの海老。3泊のサン・セバスティアン訪問で3度食べました。
2013-07-09 13.42.03

チャングローと呼ばれる毛蟹。身だけでなく味噌もたっぷり濃厚。フランスのバゲットより固くなく、このあたりでよく見かけるサクサクのやわらかいバゲットといっしょに。

2013-07-08 19.34.54

辛くない青トウガラシがどこでもカウンターに山盛りになっていて、注文するとさっと素揚げして塩を振ってくれる。これがとてもうまい。何度もこの店を訪ねていたら、サービスでコレを出してくれました。ビールにも合いそう。

2013-07-09 13.44.54

昔からあるピンチョスらしい。青トウガラシをマリネしたものと、オリーブとアンチョビを串に刺しているどの店にもある定番。この青トウガラシ、このあたりでは瓶詰めで売っています。

2013-07-10 19.24.36

赤ワインはやっぱりリオハを。リオハだけでもいくつか置いているんだけれど、たいていこの店では1.5ユーロでした。こんなに質の良いリオハがこんな価格で飲めてしまうサン・セバスティアン最高です。奥はいわしと野菜のマリネかな。

2013-07-09 13.48.46

パプリカではなく、赤ピーマンを食べるここの人たち。赤ピーマンの中に魚のすり身が入っています。それを赤ピーマンのクリームソースで。

2013-07-09 13.37.44

揚げ物も充実。大きなマッシュルームに生ハムを巻いたモノや、クリームチーズを載せたモノなどなど。

2013-07-09 13.38.19

血肉のソーセージは素揚げにしてくれます。お米入り。

2013-07-09 13.38.12

焼き鳥?エスニックな味付けの焼き鳥は鉄板で焼いてくれます。いろいろな料理法が取り入れられているのがサン・セバスティアンのバルのすばらしいところ。

2013-07-09 13.38.15

こんな風にカウンターにずらりと並んでいると目移りしちゃいますが、1軒で2品くらいしか食べずにチキテオ(はしご)するルールはきちりと守りましたよ。またその日のうちに戻ってくることはありましたが・・・。

2013-07-08 19.28.51

サン・セバスティアンでみんなが飲んでいる白ワイン「チャコリ」は、発砲を抜くためとちょっとした盛り上げのために、高いところから注ぎます。写真を撮るから空き瓶を貸してほしいと話したら、なんと入っている瓶でやらせてくれた!それももちろんこの注いだ分はサービスです。
2013-07-09 13.58.27

日の長い季節なので、22時くらいまで明るいバル街。次の店へとはしごが続きます。

2013-07-09 14.06.59

この店の場所はここ。

より大きな地図で サン・セバスティアンのバルとお店マップ を表示

【バスクへの二度目の旅その1】サン・セバスティアン(San Sebastian)のバルマップ

スペイン北部バスクのサン・セバスティアン(San Sebastian)のバルマップです。

とりあえずあとで編集する前提で公開。赤が絶対に行くべき場所。

 

 


より大きな地図で サン・セバスティアンのバルとお店マップ を表示

【台湾の旅その7】朝食は2回食べる。肉粥に麺線。

台湾3日目、台北2日目、今日は朝から一日食べまくるぞ!

さて朝食1回目は、台北の南西方面にある龍山寺付近にある肉粥を食べさせる店へ。台北駅付近からは地下鉄で一本でした。粥は誰しもが食べるようでメニューにもなく、いくつ食べるか聞かれ、デフォルト設定のよう。それに紅焼肉と呼ばれる豚のワキの肉を揚げたものを注文。粥はなんだか正直よくわからない・・・。肉のだしが効き、粥というより雑炊っぽい。すごいうまいという感じではなく、朝にサラサラ食べる定番のものなのかなと思いました。紅焼肉はカリッと揚がっていて中の肉はジューシー。この店のもうひとつの看板メニューらしく頼んでいる人はたくさんいましたよ。

 

2013-04-29 08.12.51

粥2杯と紅焼肉で80元、250円程度。こんなに安かったら家で朝ごはん食べるのはバカバカしくなります。いや、だから、台湾の人は外で朝ごはんを食べるのでしょう。朝ごはんを食べさせる店はとても多いもの。

2013-04-29 08.23.16

こんな店先です。地元の人で賑わっています。

周記肉粥店

台北市廣州街104號
営業時間:6:00~16:50

2013-04-29 08.24.01

なんとなく物足りなさを感じていたので、同じ龍山寺付近で朝ごはんを再調査。前回の台北訪問で食べた麺線を食べさせる名店があるというので訪ねました。結果的に朝ごはん2回目。

麺線とは、素麺よりしっかりとした食感の台湾独自の細い麺で、牡蠣やモツが入り、とろりとしたスープとともにスプーンで食べるもの。ここの麺線は牡蠣やモツも存在感たっぷりでゴロリ、小サイズで50元。おろしたニンニクもたっぷりはいったスタミナ満点の麺線です。これ、すきすきー。アミや牡蠣の出汁が複雑に効いていてかなりうまい。でもニンニクたっぷりなので胸焼けしました。店はせまく、店内は4人程度しか座れませんが、軒先に10人位は座れるかな。お持ち帰りの人もたくさん来ていました。

陳記專業蚵仔麵線
台灣台北市萬華區和平西路三段166號

2013-04-29 08.36.23

次は、ホテルに一度戻って休憩し昼ごはんに繰り出します。